韓国伝統の治療法!?グッバイ悪い血!

2018年7月23日

皆さん、初めまして!

久々の韓国料亭にて暴飲暴食して

胃もたれ真っ只中のOKB39と申します!

今回の記事は韓国で有名な

瀉血(しゃけつ)

という療法を体験談と共に

ご紹介させていただこうと思います。

刺激が強いので画像はほぼ掲載しておりません

大学の頃のお話ですが…

自己紹介で書いたように

韓国料亭にて暴飲暴食した時のことです。

好きなモノを好きな時に

好きなだけ食べたい…これは人類の永遠の憧れですよね!(真摯)

極論から言えば自業自得な出来事なんですが…

好きなモノを好きなだけ食べた私は

どういうわけか体調不良になってしまいました!

特に胃のあたりが…(当たり前)

今思いだしてもゾッとしますが、

そんな時友達(←本人曰く韓医院院長のセガレ)

「瀉血(사혈)」なるものを

施していただきました。

そもそも瀉血って一般人がしてもいいのか?

ネットで調べたところ、韓国では普通に瀉血できるキットが

販売されているんですね。

誰でもやってるんですね。

なーんだ、それなら安心…でもない。

この「瀉血」というのは

細い針を体に刺して、古い血液を体外に排出させて

様々な症状の緩和を行う治療法らしいです。

東洋医学では体の不調を改善するために

ツボを指圧や鍼で刺激して気の流れを

回復させるとも聞きます。

ちなみに胃の不調を改善するには、

親指の付け根に突き刺すそうです!!

(ぎゃー!)

f:id:localize_hg:20180615164246p:plain

いやぁ…今考えてもホントどうかしてました…

どうしてあの治療法を許可したんだろう…友達に(←重要)

グルグルと糸で縛られる親指!(指先が変色してます!)

ライターで炙られる縫い針!(消毒のつもりなの?…それ縫い針じゃない?)

背中から腕にかけて叩きまくられる!(悪い血を集めてるらしい…)

そして真っ赤に焼けた針が指の付け根にぃぃぃ…!!!

ブスッ!

その後は察してください…

■で…効果のほどは? 

正直なトコロ…よく分かりません!

ですが言われてみると

良くなったような気もします…

はっきりしないですみません…

というか、治療が衝撃的過ぎて

その後の経過とかを覚えている

余裕がございませんでしたぁ!

ということで

コッチの痛みでアッチの痛みを忘れる

韓国伝統の治療「瀉血」でした!

ぜひ一度お試しください!(思い出にはなります)