気分が悪い時の注意点

2018年7月17日

こんにちは!まくわうりです!

今回は韓国で間違われやすい言葉を紹介しようと思います。

そう、あれは留学生時代のこと…(また始まった)

朝から体調が優れなかった私は授業中にぐったりしてました。

それでも授業に出ていた自分を褒めたいです。

f:id:localize_hg:20180614170530p:plain
こんな感じ

スタッフ:「 그래 ?(ヤ ウェ グレ ノ)」

※おい お前どうした?

私:「기분이 나빠서(キブニ ナッパソ)」

※ちょっと気分が悪くて…

スタッフ:「? 무슨 일이 있었어?(ウェ ムスンイリ イッソッソ?)」

※何かあったのか?

私:「그냥 기분이 나빠요(クニャン キブニナッパヨ…)」

※いや、ただ気分が悪くて…

スタッフ:「? 누가 못한 짓이나 했어?(ムォ?ヌガモッタンチシナ ヘッソ?)」

※なんで?誰かに何かされたのか?

私:「…もしもし?」

何かが噛み合っていない…

まだ韓国語よく分かってないけど何か違う気がする…

キャッチボールをしていて、投げた野球ボールがいつの間にか

キャッチャーミットに変わって返ってきたような…?

そんな感じ!

そうなんです。

日本では体調が悪いと「気分が悪い」と言いますよね?

これを韓国語でそのまま言うと

ムカついている」「ムシャクシャしている

の意味になります。

確かに突然「ムカついてる」って言われたらビックリしますよね!

韓国で体調の悪さを伝える時に使うフレーズは

몸이 아파요(モミ アッパヨ)※体が痛いです

ですからね!

体が痛いんです!

問題は体なんです!

というわけで、韓国で体調を崩した時のために

この言葉を覚えておきましょう!

皆さんの韓国語ライフに光あらんことを!

ではでは、ご参考までに