翻訳はファンタスティックボルケーノ

ハンゲームのローカライズメンバーによるゲーム・漫画翻訳の裏話!

「彼女の沈清(シン・セイ)」の謎!?

こんにちは!

Comicoで連載中のマンガ
「彼女の沈清(シン・セイ)」は
もうご覧になりましたか?  ァィ(゚д゚)ノ

 

読者の皆さんも同意見だと
信じて疑いませんが…
読み返す度にあのクソ坊主に
殺意を抱いてしまうOKBです。ヽ(#`Д´)ノ┌┛

 

ところでところで…
勘の鋭い方は既に
お気づきかと思いますが…

 

そうなんです!!
なんとなんとー!

 

登場人物の中で本名が出てきたのは
「沈清(シン・セイ)」だけなんですね!! 
……………………今のところですが。(๑°⌓°๑)マジ...?

※アラ探しはしないでください…(*>人<)

 

言われてみれば確かに…
大臣も若旦那も乳母もチンピラも
商人も召使いもあのクソ坊主も…

 

名前が出てこないっ…!?

 

以下、ちょっとしたネタばれになります

32話・38話未読の方はご注意ください

 

f:id:localize_hg:20190416163018j:plain

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

セイのおとん曰く、この物語の
当時の女性には名前はなく、
幼名を使っていたとか…(32話参照)

 

てっきり名前とばかり思っていた
「放徳(ペンドク)」姉さんも
息子である徳(ドク)を放り出した
不徳な女という意味で呼ばれて
いたらしいのです。(38話参照)  Ωヾ(・∀・` )ヘーヘーヘー

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あれ…そういえば
チャン大臣の奥様の名前も
まだ見たことないような…

 

いずれ出てくるかもしれません!
楽しみがまた一つ増えましたね!


細かい描写もさることながら
とにかく尊い「彼女の沈清」は
こちらからご覧いただけます!

http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=27281

 

↓よろしければ応援クリックをお願いいたしますmm

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村